りんごの冷凍保存方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

りんごを冷凍保存しても栄養は保たれるの?


冷凍のメリット・デメリット。
何が変わるの?

使い切れない食材には冷凍保存が大事ですよね。
でも、冷凍保存にはメリットとデメリットがあるのをご存知ですか?
それは、「食感」や「保存期間」、「味」、「栄養」などが大きく影響するのです。

りんごは、贈答品などでたくさん頂いたりしますよね。
りんごを冷凍すると、保存期間や栄養などはどう変わるのでしょうか?
今回は、りんごの冷凍に関して解説していきます。

スポンサーリンク

冷凍でどれくらい保存期間が延びるの?


食材を冷凍するメリットは、保存期間を長くする事です。
普通に保存しても、一ヶ月近く日持ちするりんごは、冷凍保存だと二ヶ月以上日持ちすると言われています。

しかし、冷凍による鮮度の低下は否めません。
それは、りんごを凍らせる過程でりんご内の水分が固まる事が原因になっています。

また、凍らせたりんごを解凍すると水分がでます。
この水分をドリップと言うのですが、この水分が流れ出る事は何を示しているのでしょうか?

大事な栄養が流れ出ちゃうの?
冷凍のデメリット。

冷凍保存したりんごを解凍した時に出るドリップは、主に水溶性食物繊維のペクチンなどです。
この栄養は腸内環境を整えるのに最適な栄養なのですが、冷凍保存し、解凍することで大部分が流れ出てしまいます。

また食感は、シャキシャキ感を失います。

しかし、冷凍したりんごの食感が好きな人もいるそうで、夏場などはアイス代わりに食べるなんて人もいます。
気になる人は是非試してみてください。

スポンサーリンク

冷凍保存にも方法があった!
おいしく収納上手な保存法。

冷凍は、保存期間を延ばすのには最適です。
りんごの栄養が流れ出る事が気にならないという人には、冷凍保存はおすすめの方法なのです。
冷凍してもりんごはしっかり甘みを残します。

また、保存期間は少しだけ短くなってしまいますが、切り分けてからのりんごの冷凍もおすすめです。
切り分けたりんごをパックなどに入れて冷凍保存すると、食べたい時にすぐりんごを食べられます。

また、解凍する時間も短縮でき、ドリップ量も減らす事にも繋がるのです。
さらに、りんごをそのまま冷凍するよりも収納しやすいというメリットがあります。

流行の食べ方!
凍らす事で簡単に再現出来るんです。

最近、ショップなども展開しているスムージーショップ。
スムージーとは、凍らせた果物をミキサーでシェイクして飲むものです。

りんごスムージーも人気商品の一つです。
りんごスムージーは、栄養が流れ出ないというメリットがあります。
凍らせたりんごを余す事無く使うので、健康管理している人には、嬉しい、おいしい食べ方(飲み方)と言えるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加