りんごの効能と効果

このエントリーをはてなブックマークに追加   

りんごの効能には驚きの効果があった!!


りんごは、ダイエット効果も健康効果も期待できるんです!
外国では、「りんごが赤くなると医者の顔が青くなる」ということわざがあります。
これは、りんごには様々な健康効果がある事を表しています。
りんごの効果とは、具体的になにがあるのでしょうか?
またその効能は、りんごのどの栄養が影響しているのでしょうか。

今回は、りんごの効果・効能について解説していきます。

スポンサーリンク

この成分に特に注目!
主な栄養素ってなに?


りんごは、体内・外どちらにも効果、効能があります。
まずは、体内の効果、効能ですがりんごに含まれるペクチンという栄養成分が整腸効果を発揮します。

また、りんごの皮に多く含まれるりんごポリフェノールには、様々な美容の効能があるんです!
この二つを徹底解説していきましょう。

お腹に働く救世主。

風邪気味の時には、りんごを摩り下ろしたものを食べると良いなんて聞いたことはありませんか?
それは、消化に良いというのももちろんですが、風邪による免疫力低下で腸内にウイルスが活発化する場合があります。
その腸内を正常化する効能が、りんごにはあるんです。

また、便秘気味の人にもりんごはおすすめです。
りんごに含まれるペクチンは、アップルペクチンと呼ばれ、便秘や下痢といった症状を正常化する効能もあります。
アップルペクチンは、腸内の乳酸菌を活性化させ、さらに腸内に入る事で形状をゼリー状に変化させます。
これにより、水っぽい便の解消にも繋がるのです。

スポンサーリンク

赤い秘薬で若返り!

りんごを食べると、
  • 肌艶がよくなる
  • 口臭が改善される
  • 血流を改善される
など、様々な美容効果があります。
これは、りんごポリフェノールという成分によるものです。

この栄養成分は、効果を見てもらえば分かる通り、超強力な抗酸化作用を持ち「老化」というものに徹底対抗します。
肌も、口臭も、血流も、老化が原因で劣化する事が多く老化を改善する事で、これらを改善に導くのです。
また、りんごポリフェノールは、りんごの皮に多く含まれているので、皮は捨てずに食べるのが美容への近道です!

りんごダイエット。
調理派?生派?

りんごダイエットという言葉があるくらいりんごを使ったダイエットは人気です。
これは、りんごを料理する人と、そのまま食べる人に分かれると思います。

りんごを使った料理でおすすめは、冷やし中華の具やサラダの具です。
この場合カロリーが少なく、味も飽きにくいというメリットがあります。

りんごをお菓子の材料にしてしまうと、全体的の糖分がどうしても高くなってしまうので、ダイエットに不向きでしょう。

もう一つは生で食べる場合です。
飽きてしまうというデメリットがありますが、ダイエット以外にも美容効果があり一番健康的な食べ方です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加