りんごの皮むき(剥き方)について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

りんごの皮むき(剥き方)のコツとは?


皮むきでその人の包丁の腕前が分かっちゃう?
果物の皮むきとは。

果物の皮むきは、簡単なものから難しいものまで様々ですよね。
バナナの皮むきは簡単ですが、パイナップルの皮は固く手間が掛かります。
しかし、正しい剥き方やコツを覚えれば皮むきは簡単に出来ちゃうんです。

りんごの剥き方には、なにかコツはあるのでしょうか?
上手な人だと、りんごを回転させながらするすると剥いていきますよね。
この切り方にもコツがあるんです。解説していきます。

スポンサーリンク

りんごを切る手段は二つ。注意すべき点とはなんでしょうか?


果物の皮を剥き方は三つあります。
  1. 包丁
  2. 包丁以外の道具です。
りんごの場合は、包丁かそれ以外の道具で剥くのが基本です。

まず最初に覚えておきたいことは、「実を出来る限り削がない」という事です。

また、包丁での剥き方で初心者が注意する事は包丁の切れ味です。
りんごの皮は、意外と固く切れの悪い包丁ですと上手く切る事が出来ません。
その他に注意することはあるのでしょうか?

りんごの皮を剥く時に大事な事は包丁だけではありません。

切れ味のいい包丁があれば、後は薄く切る事に集中して皮むきをしましょう。

りんごの皮むきのコツは、包丁ではなく、りんごを持つ左手の親指に集中するのです。
ここを集中する事により、薄さの調整やケガの防止にも繋がります。

もう一つのコツは、「包丁で切る」と意識せずに「滑らす」と意識してください。
包丁は押して切る道具ではありません。引いて切る道具なのです。

りんごの皮むきは包丁以外の道具を使った方が断然早いのですが、包丁使いの練習をするのにはうってつけです。
それでは、包丁以外の道具とは何があるのでしょうか?

スポンサーリンク

一流の料理人より上手く皮を剥く方法!

料理初心者の方でも、一流料理店のコックさんでも使用する包丁以外の道具があります。
それはピーラーという道具です。

ピーラーは、果物や野菜の皮を剥く道具なのですが、どんなに包丁捌きが上手い人よりも上手に皮を剥く事が出来るのです。
もちろん初心者が使っても上級者が使っても精度や時間に差はありません。
簡単に皮を剥けるわけですから、包丁の上達には繋がりません。

しかし、出来る限り可食部を増やしたい人や、早く簡単に皮を剥きたいという人にはおすすめの道具なのです。
それでは、包丁を使った簡単な皮むきの方法はあるのでしょうか?

りんごの皮むき裏技編。
回転させて剥く以外の剥き方とは?

包丁を使った皮の剥き方で簡単な方法とは、最初に何等分かに切り分ける事です。
これにより、皮の範囲が狭まり簡単に短時間で皮を剥く事が出来るのです。

この剥き方は、飾り切りの練習にも最適です。
綺麗に切れた皮は、ポリフェノールやペクチンをたくさん含んでいるので、捨てないで食べるのも健康にいいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加