りんごの栄養について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

りんごの栄養/どんな栄養素が入っている?


栄養の偏りを感じたらりんごをガブリといきましょう!
栄養不足という言葉は、みなさん耳にした事があると思います。
忙しい日々や不規則な生活、食品の欧米化などが栄養不足の原因でしょう。
栄養素の高い食べ物が分からない人だって大勢います。
実は、りんごには多くの栄養素が含まれているのです。
手頃な値段でどこでも手に入れる事ができ、さらにそのまま食べる事も出来る、万能なフルーツ・りんごの栄養素に迫ります!

スポンサーリンク

三大栄養素!


りんごに含まれる三つの主な栄養素が、健康を手助けしてくれます。

  • 「ぺクチン」
  • 「カリウム」
  • 「ポリフェノール」

なんだか聞いたことがあるような名称ですよね。

この三つの栄養が、身体にどのような影響を与えるのか解説していきます。
健康にも美容にも効果があるんです!

妊婦さんにはとても大事な食べ物だった

りんごの栄養素の中で特筆すべきものは、「ペクチン」という食物繊維です。

食物繊維の効果は、
  • 血糖値の安定化
  • コレステロールの低下
  • 疲労回復
などが期待できます。

また、便秘解消にはとても高い効果を持っています。
実は、この便秘解消というところに産婦人科医が注目しています。

産婦人科と言えば妊婦さんですよね。
妊婦さんは、便秘しやすい体質という事をご存知ですか?
それは運動不足が原因なんです。

また、妊婦さんはあまり薬を服用できません。
そこで、この「ペクチン」が役に立つのです。

便秘に困る妊婦さんに、りんごを勧める産婦人科医は多いみたいですよ!
それでは、他の二つの栄養素はどのような効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

加熱で良いこと・悪い事。
あなたの選択で栄養が変わります!

栄養は、加熱する事で栄養成分を低下させる場合があります。

りんごもレシピによっては加熱する事もありますよね。
ペクチンは加熱しても問題ありません。
むしろ加熱により、さらに効果が増す栄養成分です。

しかし、りんごに含まれる主な栄養の一つ「カリウム」は加熱する事によって減少してしまいます。

このカリウムという成分は高血圧の抑制や、筋力低下を防ぐ人体に欠かせない栄養素です。
もし、カリウムをたくさん摂りたい場合は、加熱せず生のまま食べるようにしましょう。

それでは、最後にりんごに含まれる「ポリフェノール」の解説をさせて頂きます。

美容効果はエステ並!
驚きの効果とは!?

女性の人は「ポリフェノール」という言葉に聞き覚えがあるのではないでしょうか?
そうです!「ポリフェノール」には美容効果が満載なのです。
もちろん、男性の人にも知って欲しい栄養の一つです。

「ポリフェノール」は植物しか合成できない栄養の総称です。

主に、
  • 「美白効果」
  • 「老化防止」
  • 「口臭予防」
  • 「アレルギー抑制」
と、まさにエステいらずの効果です。

また、りんごの皮にもご注目!
りんごの皮には多くの「ポリフェノール」を含んでいて捨ててしまうのは勿体ない!

また、ペクチンもりんごの皮に多く含まれているんです。
苦手じゃない人は皮付きりんごを食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加