りんごアレルギーについて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

りんごアレルギーってどんな症状がでるの?


もしかして、りんごもアレルゲンになるの?
特定のものを食べる事で、アレルギーを起こす事があります。
そのアレルゲンは人によってそれぞれで、どの食品にもアレルギーの可能性を秘めています。
りんごでアレルギーが発症する人もいます。

どうしてりんごでアレルギーが起きるのでしょうか?また、どのような症状が出るのか合わせて解説します。

スポンサーリンク

りんごだけじゃなった!
他の果物もアレルゲンの可能性が。


食品によるアレルギーの約6%は、果物アレルギーです。
このアレルギーを総称して、「口腔アレルギー症候群」と言います。

りんごアレルギーを患っている場合、以下の果物にも注意が必要です。
  • 「桃」
  • 「苺」
  • 「さくらんぼ」
など、バラ科の果物です。

りんごアレルギーとは、どのような症状を伴うのでしょうか?

アレルギーの症状はどんな感じ?
軽症と重症。

りんごアレルギーの症状は、口内が痒くなったりピリピリします。
大体の症状はこのくらいで治まるのですが、酷い場合は、吐き気などをもよおす場合があります。
体調が悪い時に大量にアレルゲンを食べたりすると、吐き気やめまいは珍しいことではありません。

りんごアレルギーの原因は、なんなのでしょうか?

スポンサーリンク

果物アレルギーの原因はあの病気と関係があった!?

果物アレルギーは、花粉症と大きな関係があるんです。
花粉症を患っている10人に1人は、果物アレルギーを持っていると言われています。

花粉症は、花粉が原因で鼻水が出たり、身体が痒くなったりしますよね。
果物に含まれるたんぱく質には、花粉に似たものがあります。

これを花粉症の人が食べる事により、アレルギーの原因になる事があります。
このたんぱく質は、加熱により分解する事が出来るんです。
ですので、加熱したら大丈夫という人もいます。

しかし、必ずしもたんぱく質が原因とは限りませんので、出来る限りアレルゲンは食べないようにしましょう。

赤ちゃんに食べさせる場合はどうすればいいでしょうか。

赤ちゃんの離乳食は、何をあげるべきかお母さんは悩んでしまいますよね。
赤ちゃんにりんごを食べさせてしまい、アレルギーを起こしてしまったら大変です。

ですので、りんごを離乳食として使用する場合は摩り下ろしたり、加熱したりして食べさせましょう。

もし、りんごアレルギーだった場合は、口元が赤く腫れたり、身体に湿疹が出来る恐れがあるのです。
その場合は、産婦人科やアレルギー科などで診療してもらいましょう。

乳幼児は、まだまだ身体の抗体が強くなく、生の果物には敏感に反応してしまう場合があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加